​雪を歩くための道具たち

快適に雪上を移動するために作られた道具たち。

行きたい場所、自分がやりたいことに応じて選ぶことが大切です。

​ここでは"Outdoorguide YARINOME"のツアーで使用する

道具たちを簡単にご紹介します。

​雪の上を歩く定番
【 スノーシュー 】

スノーシューは日本でいうところの「かんじき」にあたる道具。異なる点は裏に「爪」がついているところ。複雑な斜面や急な斜面で本領を発揮します。雪上では一定の浮力も得られるため「つぼ足」より楽ちん、森の散策などにも適した道具と言えます。使い方も比較的簡単で、機構もシンプル。初めての方でも安心して扱える道具の一つです。スキーと異なる点は爪がついているため「滑り」ができないこと。そのため基本動作としては上りも下りも歩くスタイルになります。ツアーでは信頼の高いMSRのスノーシューを使用しています。

​雪を歩く & ちょっと滑ってみる?
【 バックカントリー・クロスカントリースキー(BCクロカン)】

通常のクロスカントリースキーと異なり、板の縁にはエッジがついています。ポイントは“歩きも滑りも楽しめるスキー”であること。慣れるのに少し練習が必要ですが、コツを掴むと病みつきになること間違いなしの道具です。​​板の裏には凸凹の鱗のような部分があります。これが登坂時には雪面をグリップすることである程度の傾斜も登ることができます。しかし、斜度の急な場面での登りは苦手で、その点はスノーシューに軍配が上がります。歩く際は踵が上がるシステムで平坦な場所ではスイスイ進み、スノーシューよりも楽に行動距離を伸ばすことができます。慣れてきたらちょっとした起伏で「滑り」も楽しんでみましょう。​乗り心地が独特でスキー経験者でも初めはよく転びます(笑)。雪まみれになりながらワイワイ楽しむも良し、もちろん無理に滑らなくても大丈夫なのでレベルに応じてルートを選びご案内もできますのでご心配なく。

​雪を歩く

ちょっと滑ってみる?

【 バックカントリー・クロスカントリースキー(BCクロカン)】

​寒さ対策は足元から
【 スノーブーツ/BCクロカンブーツ 】

日中でもマイナス気温であることも珍しくない北海道の冬。「寒さは足元から」とよく言いますが、野外で行動していると足元は常に氷や雪に触れている状況になります。快適な散策をするのに足元の防寒対策はマスト、"Outdoorguide YARINOME"では"SOREL(ソレル)"のスノーブーツのレンタルをしています。スノーシューとの相性もよく、何よりマイナス40℃に対応する保温性があります。もちろんご自分の履き慣れたスノーブーツをご持参いただくことも可能です。「ちょっと試してみたい方」も大歓迎ですのでレンタル希望の方は一度ご相談ください。

BCクロカンをご希望の方には、"CRISPI(クリスピー)"の皮革製BCブーツのレンタルをしています。登山靴の履き心地に近いためとても歩きやすいです。"GORE-TEX"を使用し防水透湿性に優れ、ブーツ内部の結露・濡れを防ぐことで足先の冷えを予防します。

※レンタルをご希望の方は「防寒・靴づれ防止」のため厚手のソックスの持参をお願いします。

​寒さ対策は足元から

【 スノーブーツ/BCクロカンブーツ 】