​スノーツアーの服装・持ち物について

北海道の厳冬期を快適に楽しむには事前の準備が大切です。

行動中はこまめにレイヤリング(重ね着)を調整して管理します。

ここではスノーツアーの服装や持ち物についてご紹介します。

DSC07135_edited.jpg

01

​ベースレイヤー(肌着)

寒い冬でも行動していると汗をかくこともあります。肌着に求めるのは暖かく、速乾性があること。綿などは速乾性が悪く身体を冷やしてしまうので、ポリエステルやメリノウールがおすすめです。

02

​ミッドレイヤー(中間着)

フリース、インナーダウンなどの中間着を状況によって調整します。軽量で保温性のあるものがおすすめ。現地で寒くならないように迷った際は少し多めに持ってきてご相談ください。

DSC07136_edited.jpg
DSC07144_edited.png

03

​アウター(上着)

アウターに求めるものは防風・防水性があること。透湿性があるものだと結露することなく快適です。スキーウェアの上下やレインウェアの上下が良いです(レインウェアは保温性がないので中間着をしっかり着込みます)。適切なものがない場合は雨具のレンタル有り。

04

​グローブ

手袋は冬の活動で最も大切なものの1つです。基本的にはスキーグローブが良いです。短時間の使用であれば裏地が起毛になっている防水性のグローブなどでも代用可。インナーグローブ(軍手などでも代用可)もあると尚良いです。

DSC07132_edited.jpg
DSC07148_edited.jpg

05

​ニットキャップ

冷たい風でも快適に過ごせる耳が隠れるくらいのものがおすすめです。

06

​その他

バックパック(20L前後)、ネックウォーマーもしくはバラクラバ、サングラス、厚手の靴下2枚(ブーツのサイズ調整のために2枚あると安心)、カメラ(寒いとバッテリーの消耗が早いので予備バッテリーなど)、日焼け止め、お菓子など…

DSC07149_edited.jpg

​レンタル品

・スノーシュー/BCクロスカントリースキー

・スノーブーツ/スキーブーツ

・スノーポール

・バックパック

 

レンタル品は無料です。

ご利用に関しては事前にご相談ください。