DSC08517.JPG

​カヌーツアーの服装・持ち物について

野外活動を快適に安全に楽しむためにはちょっとした事前の準備が大切。

カヌーなんて乗ったことなし、なんだか特別な準備が必要そうですが決してそんなことはありません。

ここではカヌーツアーの服装や持ち物についてご紹介します。

DSC08600_edited.jpg

01

​長袖・長ズボン

ツアー中は自然の奥深くにお邪魔します。虫や日差しなどから身を守るために長袖・長ズボンを着用しましょう。気温の上がる7月や8月はアブなどの虫が発生する季節でもあります。ボタンシャツなどがあれば状況に合わせて虫刺され予防ができるのでおすすめです。水辺での活動になるので乾きやすいものであると快適です。

02

​薄手のフリースなど

北海道の釧路地方は冷涼な地域です。夏といえど20℃を下回る日があったり、30℃を超える日があったり。早朝のツアーなどは気温の低めのコンディションが多いので夏でも薄手の防寒着をお持ちいただくと安心です。

DSC08610.JPG
DSC08622.JPG

03

​レインウェア

野外活動では急な天候の変化に対する準備も必要です。レインウェアは突然の雨や冷たい風、水飛沫などから身を守ります。レインウェアは上下あることが望ましいですが、なければレンタルも可能ですのでご相談ください。

04

季節に合わせて選びます。スニーカーでも大丈夫ですが、サンダルや長靴がおすすめです。サンダルを着用する場合は靴下も一緒にお持ちいただくと虫刺され予防に活用できます。

DSC08604.JPG
DSC08634_edited.jpg

05

​帽子

​釧路川源流のカヌーツアーは覆い茂る木の下をくぐったりとワイルドなツアーです。帽子があると頭部の保護、紫外線対策にも役立ちます。雨の日は防水素材のレインハットをお貸し致します。

06

​その他

・サングラス

​ 紫外線、照り返し、枝などからの目の保護

・タオル

 足を拭く、首に巻いて虫除け対策など

・カメラ、スマートフォンなど

 ツアー中は撮影可能(自己責任・自己管理)

 必要であれば防水バッグの貸し出し可能

・双眼鏡

​ 野鳥観察などにあれば便利

DSC08637_edited.jpg
DSC08125_edited.jpg

07

​レンタル品

​・レインウェア上下(大人用のみ)

​レインハット(大人用のみ)

・防水バッグ

・パドル

​ライフジャケット